進捗状況

先日、関係者試写会を行いました。
まだかなり荒い状態での仮編集映像ですが、ナイスミドルの大森代表などにお集まりいただき、劇場を借りて観賞いただきました。

現状不足している箇所や、直した方がいい箇所などのご指摘をいただけたので、その際の様々な意見を踏まえて、さらにいい作品へと仕上げられるよう、またもう少し編集を続ける次第です。自分でも気付いていた改善点が多々あり、そのほかにも気づかなかった、知らなかったことも指摘され、細部にわたって良くなりそうな予感です。

ラジオ番組へも出演させていただきました。現時点で話せることも多くはありませんでしたが、現状を話すことで進行状況の報告にもなればと思いました。完成時には改めて完成報告の出演をさせていただきたいと思います。


転換の年の新展開

あけましておめでとうございます。
今年も変わらずどうぞよろしくお願いいたします。

2024年はこの映画にとって、転換の年となると思います。どのような形で展開していくか、具体的にはまだこれからではありますが、昨年までとは動きが変わってくるのは間違いないです。

細部を詰めていく作業はたくさんあるものの、仮編集はひと段落ついた感じです。なので今月、一旦、関係者のみで試写を行うことにしました。そこでの意見も踏まえて、いろいろと変更が出ることと思います。

またインターネットラジオへ池田が出演することにもなりました。現段階でお話しできることも、そう多くはありませんが、なんとなくの映画の雰囲気的なものも感じ取ってもらえるようなことにできれば、と思います。

新たな年からの新展開を、今後も期待してお待ちください!

2023年ひとくぎり

今年も12月となってしまいました。

年末までに自分の中でなんとか区切りをつけたいと考えて活動を続けていましたが、一定のところまで来れたように思います。仮編集が一通り見られるレベルまで来ています。

これから自主的な直しをし、内部試写などを通して意見をいただいた上で、さらなる直し、ブラッシュアップを繰り返します。出演者の各選手への確認作業や、権利関係の契約交渉、スタジオ作業など、様々なことを同時に進行して、映画祭への出品も視野に入れつつ、劇場公開へこぎつけるつもりでいます。

みなさんと出会えるまでは、まだもう少し時間を要する形です。

つい先日、ナイスミドルなロックバンド「The Southpaw Snipers」のライブが原宿クロコダイルであり、お声がけいただいたので伺いました。「The Southpaw Snipers」のボーカルの石田さんは、ヘビー級チャンピオンの髙木選手からご紹介いただきました。

カッコイイ楽曲満載で、ライブで聴くと迫力満点ですごくよかったです。映画の中で何曲か使用させていただく予定でいますが、この日のライブで使用を予定している楽曲をすべて演奏してくださったので、イメージもさらに膨らむ感じでした。音楽のおかげで映画の方もパワーアップな感じです!
https://www.thesouthpawsnipers.com/

終盤戦に入りました!

今月12日のナイスミドル66はタイトルマッチが3試合組まれています。
そのうちのメイン、ヘビー級の試合のPVを撮りました。
この日は面白そうな試合が多く、盛り上がりそうで、楽しみになりますね。

後日、FacebookページではPVのメイキング的なオマケ映像を公開予定です。

映画の仮編集の方は9割方、出来上がってきました。
不足しているいくつかの撮影を今月中に行う予定です。
一通り全編を通して見られるようになれるまで、あと少しです。

とはいえ、ここからが肝心なところで、
ブラッシュアップしていくのにも時間はかかりますし、
尺が長いので、カットしていく必要もあります。

これ以上、出演者の登場シーンを落とすことはしたくないのですが、
全体尺を短くするには、大幅にシーンを落とすのが手っ取り早い方法ではあります。

年明けくらいまでは、このブラッシュアップの作業を続けて、
その後、スタッフ等へのプレビューを始め、
意見をいただいていく感じでいこうと考えております。

ラストインタビュー

だいぶ涼しくなって過ごしやすくなってきましたね。

さて今年も残すところ、あと3ヶ月。
今年ラストのナイスミドルも来月となりました。

ここに来てトリプルタイトルマッチが決まり、
大盛り上がりが期待できそうです。
非常に楽しみですね。

トリプルタイトルマッチ開催決定!

映画の編集はだいぶ先が見えてきていますが、
先日、おそらく最後のロングインタビューになるであろう撮影を行いました。

映画の撮影を始めた当初とは、だいぶ異なる形で、
要点を絞って質問させていただきました。

内容的に方向性も固まっているので、
必要な話も決め打ちで行っている感じです。

編集の細部のところでは、
全体が見えてきてから判断しようと、
決断を先延ばしにしていた所も、
いまはどんどん進めて行っています。

ここのところ、だいぶ順調に編集を進めてはいますが、
全体像が見えて、内部でプレビューして意見をいただいてからが、
作品は脱皮していくようになるので、
まだまだ安心はできません。

交渉ごとも、のらりくらりとしながらも、
なんとか対応していっています。

クラッシャー・アンド・ビルド

映画の編集はだいぶ進んできておりまして、
といえ、まだまだ先は見えず。

構築しては壊してやり直して、
入れ替えて入れ直して、
見て見直して。

群像劇の作品となりますから、
少しでも多くの選手にご出演いただこうと考えておりました。
ただ最近の傾向としては、作品が散漫になって、
伝えるべきこともわかりづらくなりそうな気配も感じられてきています。

自分的にも「良いストーリーを紡いでこれたな」という選手ですらも、
断腸の想いでカットせざるを得ないという状況にもなってきています。

そういう意味では作品の完成後に、
本当にスピンオフということもありえるかもしれません。

 

 

それからクラウドファンディングの制作費に関してですが、
いまのところまだ手をつけておりません。

使用用途は、仕上げの際のスタジオでの作業が主であること、
また映像や音楽などの著作権料での支払いに充てて、足が出るかな、
という予測でおります。

現状、制作のための出費は池田自身がまかなっております。

 

 

今月9日に行われるナイスミドル64では、
女子選手の試合も組まれます。

ここのところしばらく女子選手の出場を見られませんでしたが、
女子が頑張っているところも見たいものですね。
ナイスミドルは日頃の頑張りで輝ける舞台ですから、
是非リングでも普段の練習の成果を披露していただきたいところです。

というわけでウェルター級チャンピオン、
クラッシャー荻原選手が代表のTeam K.O.Garage所属の、
WAKANA選手のPVを制作しましたので、
試合前に目を通しておいていただけると、
きっと観戦も楽しくなると思います。

▼第10試合 ストロー級 2分2R
MOMI (40) vs WAKANA (47)

【NICEMIDDLE64】https://nicemiddle.jp
2023年7月9日(日)11:15 START at 新宿FACE

オープニング

オープニングがなんとなくできました。
ある程度のイメージはありましたが、ここを先に固めてしまうと、他のパートに影響が出る可能性が高かったので、後回しにしていました。だいたいのナレーションをベースにして、画を入れていき、当初のイメージとそうたがわない形にまで持ってこれたようです。

まだ細かい部分での変更は視野に入れていますが、流れは見られるようになったと思います。

涙の成分

連休が続いたあとの今月の半ばに、次回のナイスミドルの試合が開催されます。今回も楽しみなカードが目白押しですが、ウェルター級のタイトルマッチ、クラッシャー荻原選手が初の防衛に成功するか、見どころです。

試合に臨む選手たちは負けることは考えずに試合に挑むのは当然かと思います。勝つために苦しい練習をこなしていくのでしょうし、結果、報いを受けるのでしょう。確率的に言えば50%ではありますが、その数を上げるために頑張るのかもしれません。

それでも負けたときに、選手の胸には何が去来するのでしょうか。心境が複雑なのは間違いないでしょうから、その答えとして涙がこぼれる瞬間もあるかもしれません。涙は何でできているのでしょう。言ってみたらその涙の成分を分析していくのが映画なのかもしれません。

映画の制作は続いています。
まだ時間がかかるのは一つには交渉を並行して進めているということは以前にも言及しました。主には権利的な面での交渉です。映画は1人で作れるものではないですし、関わる多くの方の協力のもとで進んでいくので、丁寧に許諾をいただく必要があります。そこが疎かになっていると、最悪オクラ入りになりうるもので。。

大変困難な交渉も一つ二つではありませんが、快諾くださる方が多いのも事実で、映画の完成を楽しみにいていただけるのは、とても心強いです。

風に揺られ

3月になりました。
今年最初のナイスミドルが12日に開催されます。今年も多くの試合で感動をもらえるかと思うと楽しみになってきます。

そして肝心の映画も、皆さんに楽しんでいただけるように少しずつ歩みを進めております。変わらず撮影をしながらの制作で、細かい箇所にも選手の想いを込めていけるように、編集を続けております。制作サイドでの部分的な試写も始めております。

早くにいいお知らせができるよう、春の風に揺られながらカメラを回しております。

終わりは始まり

ナイスミドルに出場する選手と接していると、練習するたびに上手くなっている実感があることを話す選手と出会い、50を超えても伸びしろがあると耳にします。また「自分らしい」戦いをしたいということもよく聞きます。そのための心のトレーニングもするようです。

その一方で、引き際を考えている選手もいます。

———————

「試合に出ても結果に後悔してしまうというか。だったら戦わない方がいいのかな。同じ熱量、同じ練習量でできなければ、それはもう試合にあえて出る必要はないのかな。」

———————

「引退」を口にする選手もいますが、ナイスミドルに「引退」はないと言います。

試合をしたいと思ったときに出場すればいいわけで、そのときは出場のタイミングではなかったということなのでしょう。

思うように体が動かない。昨日できていたことが今日になってできなくなっている。ケガが快方に向かわない。

40代前半の「若手」でも、そこを頭に描きながら練習している選手もいれば、歳を重ねるほど進化しているという選手もいます。ストイックに求め続けている選手もいます。

自分が決めた地点まで動く人もいれば、納得いくまで続ける人まで千差万別ですが、確実なことは、一時的に休みを取ったとしても、どのタイミングでけじめをつけようとも、思い立ったときから挑戦することはできるということです。