エネルギーの集合体

「映画が完成しました」というまでにはまだ程遠く、かといって、経過をお知らせできるような質のものでもないという、完全なジレンマにも陥るのが映画の特性とも言えるかもしれません。

とはいえ完成までの間には「何かしらやっていますよ!」とお伝えするのも大切ではあります。

もちろん水面下で様々なことを進めております。「そんなことやっていたの?」と思っていただけるような、いろいろを試行錯誤の末にやっています。

それも具体的にお伝えできないのも作り手としても歯がゆいところ。制作者以外からの手助けもいただいており、みんなで作り上げる作品にも成長しています。それぞれに力をいただいて、様々な要素が絡み合うようになってきています。

それは正しいことなのかもわからずやっていることもあります。試さないとわからないことでもありますから、まさに下駄を履くまでわからないです。

自分としては面白いと思ってやっていますから、
それは期待して楽しみにしていていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です